ページ内移動用のメニューです。


現在のページはホームの中のはじめての介護の中の住宅改修のご案内のページです。

住宅改修のご案内

介護される人にも、介護する人にも優しい、住宅改修のポイントをご紹介致します。
ヤマシタコーポレーションは、福祉用具サービスで培った経験とお客様の声を活かして住宅改修のご提案を致します。

丸の部分にマウスをのせると詳細がご覧いただけます。

1.居室・出入口畳の部屋では車いすの操作がしにくく、ベッドのうえで過ごしがちになってしまいます。畳をフローリングに変更することで、車いすでの移動がスムーズになり、活動的に過ごすことができるようになります。

2. 玄関上がり框の昇り降りの際に、つかまるところがないと不安定で、外出がおっくうになりがちです。手すりを取り付けることで、玄関の出入りが安全に行えるようになり、外出の機会が増えます。

3. 廊下廊下につかまるところがない場合、歩行の際にふらついてしまうと大変危険です。手すりを取り付けることで、廊下を安全に歩けるようになり、家の中での行動範囲も広がります。

4. 階段階段につかまるところがないと昇り降りが不安低ですので、2階に上がる機会も少なくなってしまいます。手すりを取り付けることで、安心して階段の昇り降りができるようになります。

5. 浴室浴槽が深いとまたいでいる時にふらついてしまい、ついシャワーで済ましてしまいがちです。
手すりを取り付けることで、浴槽をまたぐ動作が安定しゆっくりと湯船につかれるようになります。

6.トイレ和式便座の場合、しゃがむ動作が大変ですので、排泄のたびにつらい思いをしてしまいます。
洋式便座に交換することで立ち座りがしやすくなるほか、腰や膝の負担も軽減されます。

7.屋外玄関を出たところに外階段がある場合、つかまるところがないと転倒の心配が出てきます。手すりを取り付けることで外階段の昇り降りが安全にできるようになり、外出が楽しくなります。

住環境整備の重要性

まず住環境整備をしよう

住み慣れた在宅で、いつまでも暮らすことができるように支援するのが介護保険サービスです。
介護保険サービスを導入する際には、まず介護される方の周辺の「介護力」を含めた確認を行い、住宅改修や福祉用具・介護用品等の物的サービスを含めた住環境の整備を行いましょう。
例えば、手すりをつけたり、段差を解消したり、歩行器や車いすを導入することで、ご本人のできることがたくさん増えます。
ご本人のできることを福祉用具・介護用品で増やし、できないところを介助者がお手伝いすることで、ご本人の社会への参加や尊厳も守ることができます。
ヘルパーを含めた介助者の介護力を効率よく使うためにも、福祉用具・介護用品の効果的な導入が大切です。


ページの上部へ戻る

ヤマシタ、シマシタ。 ホーム

©2014 YAMASHITA Corporation. All rights reserved.