ページ内移動用のメニューです。


現在のページはホームの中の商品選びのポイントの中のベッドから移動する時は? のページです。

ベッドから移動する時は?

ご自分で動くことが難しくなってくると、ベッドから車いすへ移るのも一苦労。いよいよ動けなくなると、介助者が抱え上げて乗り移らせる場面を見かけますが、腰痛の原因になってしまいます。
そんな時には、移乗に便利な福祉用具・介護用品を活用しましょう。ひとりでの移乗はもちろん、介助される方にとっても、安全で無理のない移乗が可能になります。

介護用ベッドとあわせて使うと便利な福祉用具・介護用品

リフト

リフトはハンモックのようなシートで体を包み込むようにつり上げます。シートの敷きこみにはやや時間を要しますが、本人からは「抱え上げられると体が痛いが、リフトだと痛くないし安心できる」、介助者からは「力いっぱい持ち上げていたので腰が痛かった。リフトだと楽だし、本人の顔を見ながら移乗ができるので安心」といった声が聞こえてきます。
抱え上げて移乗させるのは本人にも介助者にも危険と痛みを伴うもの。ぜひ人にやさしいリフトの活用をご検討下さい。

※スリングシートは利用される方の身体状況・使用環境などを考慮して選ぶ必要があります。安全・安心してご利用頂くために、当社スタッフにご相談下さい。

ベッドから車いすの移動に ベッドに腰掛けることができる方は、立ち上がりを補助してくれるリフトの活用も検討してみましょう。

スライディングボード

座ったままの姿勢でベッドと車いす間を移乗することができるボードです。ボードは滑りやすい素材でできているので、安定した姿勢で移乗することができます。

スライディングボードの使い方

ボードをおしりに敷きこみ、ボードの上を滑って移乗します。ベッドと車いすに高低差をつけるとよりスムーズに移乗することができます。

介助者に補助してもらうとより安全に移乗できます。

※詳しい使用方法は当社スタッフが丁寧に説明いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

介助ベルト

介助者が、抱えて持ち上げる移乗の際に腰に巻いて使用します。ベルトにグリップがついていますので、しっかりと握ることができます。

ベッドから起こすとき

ベッドに座るとき

椅子に座るとき

スライディングシート

ベッド上で寝る位置がずれてしまった時には、スライディングシートを使用すると便利です。
シートがすべりやすい素材でできていますので、簡単に位置を修正することができます。簡単に体の下に敷きこむことができますので、手軽に使用できる福祉用具・介護用品です。

商品を選ぶ

アームが360度回転するので、車いすやポータブルトイレへの移乗にも困りません。

ベッドや車いすなどの移乗に使用、グリップが3ヶ所ついていて持ち運びも便利です。


ページの上部へ戻る

ヤマシタ、シマシタ。 ホーム

©2014 YAMASHITA Corporation. All rights reserved.