ページ内移動用のメニューです。


現在のページはホームの中の商品選びのポイントの中の歩行を支援する福祉用具の選び方 のページです。

歩行を支援する福祉用具・介護用品の選び方

歩くことは生活の行動範囲を広げるだけでなく、身体機能の維持や回復にも役立ちます。
だんだん歩くのは不安になってきた・・・といった方には、歩行を補助してくれる福祉用具・介護用品の使用をおすすめします。
歩行補助用具には、さまざまな機能や種類がありますので、ご自分にあったものを選ぶことが大切です。

家の中の生活は自立していても、外出する時に不安がある方は杖を使用しましょう。
杖は体のバランスを補ってくれますので、安定した歩行が可能になります。杖には一本杖や、先が複数に分かれている多点杖があります。

歩行器(室内用)

歩行が不安定で、家の中で安全に移動したい方におすすめです。
姿勢が安定している方にはウォーカータイプ、不安定な方には肘で支持するタイプの歩行器があります。杖よりも安定感があります。

歩行器(外出用)

歩行が不安定で、外出の際にしっかり体を預けられるような安定感が必要な方は、外出用の歩行器を活用しましょう。
しっかりした作りになっており、安定した歩行ができます。疲れたら座ることができる座面がついているものもあります。

シルバーカー

杖での歩行が不安な方や、お買い物の際に荷物が多くて大変な方におすすめです。
重い荷物を楽に運んだり、お出かけの途中で座って休むことができます。用途によって色々な種類があります。

靴(リハビリシューズ)

お出かけの際は足にあった靴を履いて安全に楽しく外出しましょう。

かかとを靴にぴったり合わせて立った時に、踵から爪先までの長さに5~10ミリ程度のゆとりを足したサイズが目安です。狭すぎると足を痛め、広すぎると靴の中で足が動いて安定しません。
サイズを選ぶには、脚がむくみがちな夕方がおすすめです。歩き方や履く目的にあわせて靴を選びましょう。

正しい靴の履き方 1.かかとを合わせる 2.バンドで甲をしっかり固定 3.つま先に5~10mm位(捨て寸)のゆとりをもたせる

商品を選ぶ

軽量でコンパクト、折りたたみも簡単で扱いやすい歩行器です。

体に負担がかからない軽さが魅力の超軽量四点杖です。


ページの上部へ戻る

ヤマシタ、シマシタ。 ホーム

©2014 YAMASHITA Corporation. All rights reserved.