ページ内移動用のメニューです。


現在のページはホームの中の商品選びのポイントの中の車いすの選び方 のページです。

車いすの選び方

車いすを使用することで、ベッドから起きて室内や屋外の移動ができるようになり、生活の範囲は広がります。車いすの特徴や種類、使い方などを知り、ご自分にあった車いすを選びましょう。

車いすの種類について

自走用

乗る方がご自分でこげるよう、駆動輪が大きく操作用のハンドリムがついた車いすです。介助者の方が押すこともできます。

介助用

介助者の方が押して移動する、駆動輪が小さく操作用のハンドリムがない車いすです。自走用に比べると全体的にコンパクトなものが多いです。

ティルト・リクライニング

姿勢を保つことが難しい方向けの車いすです。背もたれの角度を後ろに倒せる「リクライニング」、背もたれと座面の角度を保ったまま後ろに倒せる「ティルト」の2つの機能があり、両方を兼ね備えた車いすもあります。

電動車いす

電動で動く車いすです。標準型の車いすにモーターとバッテリーが搭載され、手元のジョイスティックで操作するタイプと、カートのような形でハンドルで操作するタイプがあります。

体の状態に応じた車いすの選び方

捜査ができる、体力がある:自走用 操作ができる、体力がある:電動車いす 操作ができない、姿勢が保てる:介助用 操作ができない、姿勢が保てない:ティルトリクライニング車いす

車いす選びのポイント

車への積込など、持ち運びの機会が多い場合は、軽量・コンパクトで折りたたみができるものを。

狭い廊下の曲がり角などには、回転半径の小さい6輪の車いすがおすすめ。

足で床を蹴って車いすをこぐ方は、座面が低くフット・レッグサポートが取り外せるタイプを。

行動範囲が広がる電動車いす

標準型の車いすを自分でこぐのは難しい方も、電動車いすなら操作できる場合があります。
自分で動けるようになることで、より自立した生活につながります。電動車いすの特徴を知り、活用を検討してみましょう。

ジョイスティック型

基本的な形状は標準型の車いすと同じです。モーターとバッテリーが搭載されており、手元のジョイスティック(操作用の棒)を傾けることで操作します。腕を使って車いすをこぐことが難しくても、手指の力があれば使用できます。

ハンドル型

カートタイプの外出用電動車いすです。ハンドルとアクセルレバーを使って操作します。標準型の車いすでは道路の段差や凹凸が妨げになったり、遠くまでは行けない場合も、ハンドル型の電動車いすで外出が可能になります。

車いす用クッションを活用しましょう

車いすをご利用になる方は、姿勢を保つための筋力等が低下していることが多く、車いす上での姿勢が崩れがちです。姿勢の崩れによって、関節の変形や内臓疾患を招いたり、特定の箇所に圧力がかかることで床ずれができたりする可能性もあります。
姿勢が崩れやすい箇所と対応方法を知り、適切な姿勢を保つよう心がけましょう。

坐骨が前にすべり骨盤が後ろに傾いてしまっています。前方が高くなっているクッションでずれを防止できます。

上半身をまっすぐに保つことが難しく、側方に傾いてしまっています。背中用のクッションの利用で傾きを防止できます。

骨の突出部に圧力が集中してしまっています。クッションで全体を支えることで痛みや床ずれのリスクを軽減できます。

車いすで外出する際に便利な福祉用具・介護用品

スロープによる段差解消

車いすの走行には、段差のないバリアフリーな環境が理想ですが、実際に車いすで室内外を移動する際には、様々な段差が障害となります。持ち運び式のスロープを設置することで、段差を解消できます。折りたたみができるタイプや軽量なタイプもあります。
設置する人の力や使用する場所の形状に応じて、使いやすいスロープを選びましょう。

大きすぎる段差には段差解消機の活用を

段差が大きすぎてスロープで対応できない、スロープを設置するスペースがないなどの場合には、電動昇降式の段差解消機の利用を検討しましょう。車いすに乗ったまま、操作ボタン1つで昇降できます。玄関の上がり框や、外階段の段差、お部屋の掃き出し窓からの外出など、様々な場面で使用できます。

構造

車いすの構造

使用例

車いすの使用例

※ 場所によって設置できない場合もあります。当社スタッフにご相談下さい。

商品を選ぶ

「誰にでもやさしい」車いす。体にフィットする座り心地をご提供します。

幅が70cmなので、狭い間口にも大活躍のスロープです。


ページの上部へ戻る

ヤマシタ、シマシタ。 ホーム

©2014 YAMASHITA Corporation. All rights reserved.