介護用ベッドの選び方

暮らしの中で行われる動作を、より安全に、より安定させる。ベッドの機能を効果的に活用することで、
ご利用者の意欲を高め、介護する方のお気持ちにも寄り添います。
必要な機能を、使う方それぞれの環境に合わせて。ヤマシタがお手伝いいたします。

機能を活用してできること

利用者 介護者
背上げ機能

ベッドの背が上がり、起き上がり動作を助けてくれます。お好みの角度に調整することができ、楽な姿勢をとることもできます。

ベッドの背を上げることで簡単に利用者を起こし上げることができます。食事介助や車いすへ移乗させる時にも便利です。

高さ調整

立ち上がりやすい高さに調整することができます。就寝するときは万が一の転落に備えて、高さを低くしておくと安心です。

不適切な高さで腰をかがめながら介護をすると腰を痛めてしまいます。介護をしやすい高さに調整し腰痛を予防しましょう。

膝上げ機能

ベッドの背を上げると、どうしても足側へ体がすべってしまいます。このようなときには、背を上げる前に膝を少し上げておくことで、すべりの防止になります。また、足のむくみ対策としても活用することができます。背と膝が連動し、同時に上がる機能もあります。

ベッドの種類

  • 1 モータータイプ
    背上げ機能
     
    高さ調整
     
    背上げ膝上げ連動機能

    のいずれかが備わったタイプです。

  • 2 モータータイプ
    背上げ機能
    高さ調整
    または
    背上げ膝上げ連動機能
    高さ調整

    のいずれかが備わったタイプです。

  • 3 モータータイプ
    背上げ機能
    高さ調整
    膝上げ連動機能

    全て単独で操作することができます。

各部の名称と役割

マットレス

介護用ベッドには専用のマットレスを使用しましょう。マットレスは素材がやわらかいものもあれば硬めのものもあります。身体状況に応じたマットレス選びは当社スタッフにお任せください。

サイドレール

布団が落ちるのを防止したり、本人がベッドから転落するのを防ぐために使用する柵です。思わぬ事故にもつながりますので、柵は必ず設置するようにしましょう。

テーブル

ベッド上で食事を摂るときに使用する専用テーブルです。柵の上に渡して使用するものや横から差し込んで使用するものなどがあります。

キャスター

お部屋でベッドを移動する必要があるときに使用します。移動させたあとは、必ずキャスターのロックをかけるようにしましょう。

ベッド用手すり

ベッドからの立ち上がりが不安になったときに使用する手すりです。ベッドにしっかりと固定しますので、安心・安全に立ち上がることができます。

特殊寝台 ( 電動ベッド ) の選び方

以下、Q&Aに答えると、おすすめベッドが見つかります。

1. 介助者の介助負担は少なく、ベッドは夜間就寝時のみ。動作も概ね自立している。

3. 介助者に一定の介助量があり、動作にも一部介助を要するが、身体状態は安定している。

5. 介助者の介助負担は大きい。ずれ対策/安楽姿勢の微調整/嚥下対応が必要。