排泄の時に便利な
福祉用具って?

排泄は生活の尊厳にかかわる、非常に重要かつデリケートな問題です。
福祉用具・介護用品を上手に活用することで、排泄動作の自立や、介助負担の軽減といった効果が期待できます。

トイレに手すりをつけましょう

可能な限りご自宅のトイレを利用することが、自立支援につながります。
便器からの立ち座りやズボンの上げ下ろしなどが困難でも、手すりを設置してつかまることで姿勢が安定し、動作が楽になります。
工事不要な福祉用具・介護用品の手すりを活用しましょう。

挟み込み式

便器を挟み込んで固定するタイプの手すりです。肘掛けがついており、肘掛けを使ってお腹に力をかけることで排便しやすくなるというメリットもあります。

突っ張り式

天井の床の間に突っ張るタイプの手すりです。便器からの立ち座りのほか、ズボンの上げ下ろし介助の際などにつかまることで立位を保てます。

室内で安全に排泄ができるポータブルトイレ

ご自宅のトイレまで移動が困難な場合、居室で使用できるポータブルトイレという福祉用具・介護用品があります。
例えば、日中はご自宅のトイレを使用していても、夜間だけはポータブルトイレを使用することで、暗い中での転倒や、何度も起きて移動する負担を軽減する、ということもできます。
見た目にはトイレとわからないタイプのものもありますので、体の状態に応じて必要な機能を備えたタイプを選びましょう。

素材

樹脂製(プラスチック製)と、家具調(木製)があります。樹脂製は手入れが簡単です。家具調はふたをしめると普通のいすに見えます。

機能

ソフト便座
座った時の肌への負担や痛みの軽減のため、便座がやわらかくなっているタイプです。
暖房便座
冬場などの排泄時の寒さを和らげるため、便座に暖房機能が付いているタイプです。
脱臭
排泄時のにおいを和らげる脱臭機能がついているタイプです。
温水洗浄便座
排泄後にシャワーで洗浄を行えるよう、温水洗浄機能がついているタイプです。

ポータブルトイレの利用方法

  • 1.ベッド脇など、使用する場所に設置します。ポータブルトイレは上記のような構造になっています。

  • 2.バケツに水をはり、消臭剤を入れます。

  • 3.ポータブルトイレで排泄を行います。(使わないときはふたをしめておきます)

  • 4.排泄後、バケツの中身は一定の頻度でトイレに流し、 バケツを洗浄します。

  • ※ポータブルトイレの使用時にはプライバシーに配慮して、衝立やスクリーンを使うなどの工夫をしましょう。
  • ※移乗や立ち座りがしやすいよう、座面や肘掛けの高さを調節しましょう。

状態に応じた自動排泄処理装置の選び方

ご自身で動くことが困難な方のおむつ交換は介助する方の負担も大きいものですが、自動で尿を吸引する自動排泄処理装置を使うことで、ご本人の不快感と介助する方の負担を軽減することができます。

パッドタイプ

尿意を感じられない方やご自分での採尿が困難な方に。

レシーバータイプ

尿意を感じて、ご自分で手を使って採尿ができる方に。

おむつ用品の選び方

おむつにはいろいろな種類があります。排泄物の量や頻度、介護の状況などに応じて、適切なタイプのおむつを選びましょう。

(左右にスライドしてください)